長崎から発信のえびす、恵比須、恵比寿、ゑびす様

深堀の町には武家屋敷跡が沢山あります。今も人が住み、庭には果物が育ち、花々の手入れがされています。

武家屋敷跡の中でも門と屏が美しいこの場所に立つ案内版を紹介。

「江戸時代、この地を支配した佐賀潘家老鍋島家(6千石)の家臣達の屋敷跡。

鍋島家は、鎌倉時代に上総国深堀(千葉県夷隅<いすみ>郡大原町)より地頭として下向した深堀能仲(よしなか)を始祖とする。

fukahoribukeysiki-w

この場所が城下町の入口で城下町特有の鍵型の道路を挟んで東屋敷(三番家老樋口家)、中屋敷(筆頭家老深堀家)、西屋敷(二番家老田代家)などが続き、周辺には中・下級の家臣達の屋敷を配置、一番奥い陣屋と呼ばれた鍋島家の屋敷があった。」・・・夷隅郡の「夷」の文字とても気になります。

fukahoriebisu-w19