長崎から発信のえびす、恵比須、恵比寿、ゑびす様

nukume1

長崎の街をぶらぶら中通りを散歩していると、目に入った「えびす様と大黒様」!
そこは、和菓子屋さん、「岩永梅寿軒」。

ぬくめ細工
長崎の重要無形文化財にも指定されている「ぬくめ細工」。

寛永年間1624~1644に、はじめて砂糖が、長崎に輸入され、お菓子が造られるようになった。
(出島の一番蔵は、砂糖の為の保存蔵でした。)

砂糖が輸入されてから菓子伝承技術として、ポルトガル語のアルフェロア(砂糖菓子)から有平糖(アルヘイトウ)が広まった。
有平糖は、砂糖に水あめをくわえて煮詰めて冷やし棒状とし、ねじった形や動物の形または花や果実に模した装飾菓子です。
長崎では、有平細工として伝承されていた技術にさらに改良を加えた長崎独自の伝承技術、「ぬくめ細工」が生まれた。
くんちの庭見せの飾り物として大きなへぎ板につけられる恵比寿、大黒天の面や、イセエビの形につくる結婚式の海老糖、紅白の千代結びなど、祝いや仏事、茶の湯には欠かせないものになった。

現在もこの伝承技術を受け継がれている岩永梅寿軒のご主人からお話を聞きました。

nukume2