長崎から発信のえびす、恵比須、恵比寿、ゑびす様

わが町、深堀の先人たちは、鎌倉幕府の有力な豪族三浦一族で、千葉房総半島・大原町深堀所領の深堀氏として名を揚げていた。

1255年、長崎・戸八浦に地頭として下向する。このとき、戸八浦は六代前から戸町氏が領主を務めていた。惣地頭代戸町氏は撤地を渋り、戸八浦の深堀氏との争いは60年に及んだ。

入領以来関り深い戸町は、長崎半島の入口に位置する。この戸町神社に祀られたえびす様

戸町神社

戸町恵比須