長崎から発信のえびす、恵比須、恵比寿、ゑびす様

佐賀県西松浦郡有田町

有田町は、日本の伝統工芸品の1つ、有田焼の産地として知られています。17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平らによって泉山で陶石が発見され、日本で初めて 磁器が焼かれました。以来、佐賀藩のもとで、磁器生産が本格化し、谷あいに「有田千軒」と呼ばれる町並みが形成され、繁栄を極めました。この町並みは、現 在も歴史的価値の高い建物が数多く残っており、1991年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

有田町観光協会のホームページより

陶器市で有田を散策していると、えびす様に出会いました。

有田えびす

佐賀県道281号大木有田線沿いのえびす様

有田えびす

平成18年(2006年)11月撮影

その時によって供えられている湯飲みが違っています。

所在地 佐賀県西松浦郡有田町
高 さ 100cm位
特 徴 ほっそりとしたえびす様
撮影日 平成25年(2013年)5月

各地のえびす様より(ランダム)画像をクリックすると大きいサイズでご覧頂けます。