長崎から発信のえびす、恵比須、恵比寿、ゑびす様

大雪とえびす様

大雪とえびす様

暖冬と言われていたこの冬、長崎市に大雪が降りました。 雪化粧の恵比須さま 海風で積もらない深堀も記録的な大雪に恵比須さまも雪化粧です。 2016年1月23日の夜間より降り出した雪は、1月24日には最深積雪17cm。 記録的な100年ぶりの大 …

長崎くんちの恵比須様

長崎くんちの恵比須様

「長崎くんち」は長崎市民の氏神、鎮西大社諏訪神社の祭礼行事で、毎年10月7日から3日間町を挙げて催されます。奉納 踊は江戸時代からの伝統行事で、長崎の市街地を7分割して1ヶ町が7年に一度踊りを奉納します。その当番町を”踊町”と称してきました …

長崎ランタンフェスティバル

長崎ランタンフェスティバル

すっかり冬の祭りとして定着した「長崎ランタンフェスティバル」 長崎新地中華街の人たちが、中国の旧正月(春節)を祝うために始められた祭りです。 今では長崎新地中華街を中心に市内各所(湊公園、中央公園、眼鏡橋周辺、 浜市・観光通りアーケード、孔 …

妙相寺のえびす様

妙相寺のえびす様

長崎市本河内町の瑠璃光山妙相寺に紅葉狩りに出かけました。 「瑠璃光山」の額を掛けた石門をくぐって、本殿の裏山に抜けると 不動明王が護る滝に辿り着きます。祀られた沢山の神仏の中に 苔むした恵比須さまが…抱えられた鯛も鮮やかな緑色で …

戸町神社のえびす

戸町神社のえびす

わが町、深堀の先人たちは、鎌倉幕府の有力な豪族三浦一族で、千葉房総半島・大原町深堀所領の深堀氏として名を揚げていた。 1255年、長崎・戸八浦に地頭として下向する。このとき、戸八浦は六代前から戸町氏が領主を務めていた。惣地頭代戸町氏は撤地を …

武家屋敷跡

武家屋敷跡

深堀の町には武家屋敷跡が沢山あります。今も人が住み、庭には果物が育ち、花々の手入れがされています。 武家屋敷跡の中でも門と屏が美しいこの場所に立つ案内版を紹介。 「江戸時代、この地を支配した佐賀潘家老鍋島家(6千石)の家臣達の屋敷跡。 鍋島 …

長崎くんち「庭見せ」の恵比須・大黒

長崎市内にある諏訪神社で行われる「長崎くんち」は長崎市民の氏神、鎮西大社諏訪神社の祭礼行事で、毎年10月7日から3日間町を挙げて催されます。奉納踊は江戸時代からの伝統行事で、長崎の市街地を7分割して1ヶ町が7年に一度踊りを奉納します。その当 …

本連寺近くのえびす様

本連寺近くのえびす様

むかし、西坂は岬でした。 1594年(文禄3年)この岬より山に向って右手にはフランシスコ会のサン・ジョアン・バプチスタ教会が建っていました。のちに西坂で十字架にかけられて処刑された26人の一人、ペトロ・バプチスタ神父(1862年ローマ法王は …

「小曽根町」公民館前のえびす様

「小曽根町」公民館前のえびす様

平戸の貿易商・平戸道喜を祖として「小曽根家」は、江戸・明治にかけて、長崎を代表する豪商になります。多くの勤王武士と交わり、その活動を支援した小曾根家の屋敷は現在の長崎地方法務局(万才町)の場所にありました。篆刻・隷書に巧みであった13代・小 …

観音寺のえびす

観音寺のえびす

長崎半島の南端、脇岬に「みさきの観音」と呼ばれる古い寺があります。 709年、行基が開いたといわれる観音寺(曹洞宗)です。 旧くから市井の人びとの信仰をあつめた「十一面千手観音」の開帳が正月にあると聞き、「みさき道歩会」の初歩きに参加しまし …